2008年08月03日

福田内閣改造

予告どおり8月1日に福田内閣改造があり、その内容はあきれるほど福田総理らしい改造で、国民生活よりも単に自分の保身延命のために派閥の長をバランスよく閣僚に組み込んだだけという内容だ。植草一秀の『知られざる真実』の植草氏は今回の内閣改造を



福田康夫首相は1日午後、政権発足後初の内閣改造に着手した。最大の焦点となった自民党幹事長で、瀕死の状態にある福田首相は同日午前、麻生太郎前幹事長に就任を要請し.



福田内閣が改造された。改められた布陣を見ると、福田首相自身は「政策実行の為の内閣だ」と言われるが、何だか国民不在でさらに絞り上げる為の内閣だと穿った見方をしてしまいそうな内閣でもある。党内不協和音を払拭させる為か次期ポストと言われる麻生



福田首相は1日夜、首相官邸で記者会見し、内閣改造の狙いについて、「政策の着実な実行を図り、国民目線での改革をさらに加速 ... そのうえで、今回の改造について「安心実現内閣」とネーミングし、「政策を実現できるような布陣を敷いた」と語った。



福田内閣改造めぐり野党の反応は 福田内閣の改造をめぐる動きについて、民主党の小沢代表など野党の反応が入ってきました。 「国民の望んでいるのは、大臣の顔ぶれを変えることではない。本当に今の国民生活・地域社会をきちんと守ってくれる政治をして












ヒアルロン酸,注入
ニュージーランドドル チャート
背中にきび跡
小顔ボトックス
国民生活金融公庫融資
posted by yt-wadai-news at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。